男の人の筋肉への憧れから、自分の筋肉へ。

私自身は筋肉が全くないのですが、男の人の筋肉を眺めるのが大好きです。
とはいえ、いかにもボディビルダー!!という感じの、まるでデッサンする為の全体的に筋肉が
盛り上がっているのはどちらかというと苦手でして、チラリズム的に見える筋肉がいいのです。

具体的には、男性がYシャツを肘ぐらいまでまくりあげた時に見える、腕の筋肉です。
女性だとなかなかつきにくく、見えにくいですから、なんだか男性の筋肉という感じがします。
力強い感じがしますし、筋肉そのものというより、その筋肉の盛り上がりで出来る影や筋が
凄くかっこいいなぁと感じて、ついついじーっと見てしまいます。

自分も子供が1歳前後の時は、よく10キロ以上の子供を横抱きや縦抱きしていたので
結構腕に筋肉がつきました。
トレーニング等ではなく、育児の中で自然とついた筋肉です。
これは憧れていた腕の筋肉ではないか!と鏡を見て気付いたので、グッとこぶしを強く握って
筋肉を強調してみたりして遊んだ記憶があります。
ちょっとだけ、鏡の前で色んなポーズを決めてしまうボディビルダーの人の気持ちがわかった瞬間でした。
自分の身体の中で、鏡に映してまじまじと見たいと思えるのって、結構幸せな事ですね。
なんといいますか、自己肯定感が凄く上がる様な気がします。

いっそこれから衰えていく顔に大金はたいてアンチエイジングなんてみみちい事をするのはやめておいて
ひたすら身体を鍛えるというのも悪くない様な気がしてきました。

引き締まった身体だと、幅が広くなって華奢な感じはなくなりますが、なんとなく若々しい感じがしますし
筋肉がつく事で力も増すと思いますので、老後転倒等もしにくくなりそうで、結構良さそうですね。
華奢でかわいらしい感じが良い年代はとうに過ぎ去りましたので、ここからは強い感じの女性を目指すのも
なんだか楽しそうな気がしてきました。

どちらかというとぽっちゃりで人生の大半を過ごしてきましたので、一度位は「私の身体を見て!」と
言える位、堂々としたかっこいいボディになってみたいという願望もあります。
筋肉の為というか、身体を鍛え始めると、まるで整形の様に歯止めがきかなくなったり
よりハードにエスカレートしていくといいますが、結果が目に見える物は達成感があって良さそうです。

筋トレ等はなんだか途中で飽きてしまいそうなので、サイクリングやスイミング等で
自然と筋肉をつける方が自分には合っていそうな気がします。
筋肉の付き方にバラつきが出るかもしれませんが、やはりズボラな私には
何かをやっているうちに筋肉がついてきたというタイプが合いそうなので
この春からでも筋肉マン目指して頑張りたいなぁと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です