筋トレは休むことも忘れずにするのが成功の秘訣

私たちがテレビを見ると、よくスポーツの中継で、肉体の発達した選手を見て、いろいろな感想を得ることと思います。それは時に憧れであることも多いです。特にテレビに登場する選手たちは、その道の達人とも言えるレベルの人たちですから、我々は、その技術や肉体などに魅了されてしまいます。
ところで、そういった強い肉体に憧れて始める、筋力トレーニングですが、筋肉を効果的に作り出すには、いろいろなことに気を付けなければなりません。
例えばですが、私たちは筋肉がよく発達した格闘家を見て、その筋肉に憧れるかもしれませんし、あるいは陸上選手のような均整の取れた筋肉に、憧れるかも知れませんが、いずれにせよ、知識が非常に大切です。
例えばトレーニングですが、これに関しても、ついつい精神論でメニューと時間などを決める傾向がありますが、どのくらい有効かを考えた場合、そこには計画なりが必要になります。例えば、最初の期間のメニューと、それが慣れてからのメニューをどれくらい変えるか、と言ったことです。
また、栄養面においても同じことが言えます。私たちは筋力をつける上では、十分な栄養補給が必要なことは知っています。それを調べることは非常に重要です。と言うのも、筋肉を構成するものが何であるかを知ることこそ、効果的に筋肉を形成できるからです。
さて、ここで私たちは忘れがちなことを思い出さなければなりません。それは、休むことです。
誰でも疲れた時は休息を取ります。この必要は言うまでも無いことですが、これは筋肉にも当てはまります。
先にあげた精神論で語るならば、このことをどうしても忘れがちになってしまうと思います。しかし、これは落とし穴です。
筋肉の組織を考えると、そこにはタンパク質の繊維の存在がわかります。トレーニングは、ある意味一旦これを怖し、再生させることで発達させます。ですから、この再生の時に、ある程度の休息が必要になりますので、この作業を怠ると、筋肉の再生はうまく行かないまま次のトレーニングに移ってしまうのです。
筋肉のトレーニングについて、以上の様に述べましたが、その背景には知識が土台となっていることが分かると思います。筋肉を作り出すには、このように知識が不可欠です。そして、それを知るには冷静になる必要があるとも言えるでしょう。
そのためにも、少し休みながら、自分のことを知りながらトレーニングを考えるのが非常に大切なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です