筋肉の魔術師!coehelpが教える筋肉サプリの有効性とトレーニング方法

皆さんは筋肉に自信ありますか?私は元々筋肉がつきにくい体質なので、腹筋が割れていたり力こぶができる人が羨ましいです。男性でも女性でも筋肉が程よくついていて、ひきしまった体に憧れますよね。筋肉がついていると、太りにくいですし、同じ生活をしていても筋肉がある方が断然疲れにくいので仕事などでも有利になりますよね。

macho

最近の研究では筋肉がある日との方が痴ほう症になりにくいことがわかっているそうです。こうなってくると筋肉ないよりはあった方がいいことが歴然とわかってきますね。筋肉をつけるには、やはりひごろからのトレーニングが大切になってきますね。手っ取り早い方法はジムへ通って専門のトレーナーさんにピンポイントで筋肉にきくトレーニングを考えてもらうことですね。合わせて食事への配慮もしてもらえば、筋肉をより効率的につけていくことができますね。ジムにいくお金がないという人は自宅で毎日筋肉を鍛える運動をすることが一番地道で確実な方法といえますね。

自宅でできるスタンダードなトレーニングといえば、やはり腹筋背筋腕立て伏せですよね。この組み合わせのトレーニングを毎日続けていれば確実に気を付けてをつけていくことができるでしょう。合わせてサプリを呑んでいくとより効率的に筋肉を育てていけるでしょう。筋肉にいい食事は、やはり高たんぱくで油控えめなものですね。野菜を中心に良質なたんぱく源の卵や鳥むね肉、穀物、海藻類など栄養バランスのとれた和食が適しているといえるでしょう。少し値段がはりますが自宅で手軽にトレーニングできる機器がホームセンターなどでも手軽に買えるのでそれらを有効利用していくのもいい考えでしょう。

それには正しい筋トレをする必要があるのです。

実は、骨格筋自体は、安静時のエネルギー消費量は多くありません(13kcal/kg/日)が、概して、骨格筋や内臓などの「除脂肪量」(約30kcal/kg/日)が増えると、基礎代謝量も増加します。

そのため、体幹や脚部の大きな筋肉を中心に8-10種目程度を、週に3回程度ずつ実施するのが有効です。
出典:効果的な筋肉トレーニング

このように、筋トレはいかに正しい方法でする事が大切なのかが分かります。

あとは、一緒に筋肉を育てる仲間を作ることで、お互いを励まし合ったり叱咤したりと切磋琢磨してよりよい方向に導く同士を作ることは、励みになりますし、お互いに目標を共有しあってより高い目標をめざして鍛えていけるんではないでしょうか。

筋肉サプリの効果は専門サイトでも推奨されています。

良い筋肉サプリを選んで飲み続ければ必ず、筋トレ効果はアップできると言われています。

ですが、粗悪な筋肉サプリを選んでしまえば、筋トレ効果が実感できないどころか、体に害を及ぼしてしまう可能性すらあります。

特に一部の海外製の筋肉サプリは要注意です。

そんなこと言っても、普段ジムで働いていたり、日ごろから体のメンテナンスをしているプロスポーツ選手でなければそういったサプリを見分ける事は難しいのは間違いありません。
出典:筋肉サプリランキング【公式】

このように、筋肉サプリやプロテインを摂取する事で肉体美は作る事が可能なのです。

引き締まった筋力をつけることは、一筋縄ではいかず、毎日のたゆまない努力が必要になってきますし、何よりその筋肉をキープすることがより大変な努力を必要とします。強靭な精神力とあらゆる辛いトレーニングに耐えうる強さを兼ね備えた人だけが素晴らしい鍛え上げられた筋肉を手にすることができるでしょう。筋肉をキープすることで、ボケ知らずでいつまでも若々しく輝いた人生を送ることができるでしょう。

筋トレというとプロテインを摂って筋トレをして、とマッチョなイメージが多いかと思いますが、皆が皆マッチョになりたいわけではありません。例えば女性だったり、鍛えたいけどファッションも楽しみたいから大き過ぎる筋肉は要らないという男性もいらっしゃる事だと思います。それでも夏に水着になる時などは締まった良い身体でいたいものです。余計な脂肪はなく、細めだけどしなやかで美しく筋肉をつけるにはどうすれば良いのでしょうか?

kinniku

まず、趣味で格闘技をしている人に多いのですが、プロテインを摂って絵に描いたような筋トレをしている人達は筋肉隆々で硬い身体の方が多いのをご存知でしょうか?そういう人達はマニアックな普通では鍛えられない筋肉も発達しています。ですが残念ながらしなやかさが無いので良質な筋肉とは言えません。活躍しているプロのスポーツ選手や長く活躍しているアスリートの筋肉はなかなか身近で見たり触ったりは出来ないですが、実は全く違う質なのです。とてもしなやかで柔らかい筋肉をしています。

良質な筋肉とは使う時に縮み、使わない時に完全に緩む事が出来るしなやかな筋肉を指します。筋肉というのは実は縮むという今年か能がないのです。それが緩める事が出来なくなっているのが硬い筋肉です。アマチュアが無理に筋肉を育てようと頑張ると硬い筋肉が出来てしまう事が多いのです。某有名野球選手は細身ですが長い事活躍出来ているのは筋肉が柔らかいからとご存知でしょうか。筋肉のしなやかさというのは選手生命を左右するくらい大切な話なのです。その野球選手は筋肉を柔らかく保つ為に目的を絞って筋トレをしています。一流選手なのでその辺のジムには置いていないようなマニアックなマシーンで鍛えているのです。ですが残念ながら一般人には使えそうにありません。

それでは素人でも細めのしなやかな良質な筋肉をつけるにはどうすれば良いのでしょうか?実は簡単なのです。ヨガのインストラクターで経験豊富な人がいたら観察して欲しいのですが、彼らはとても柔らかくしなやかな身体を持っています。そして余計な脂肪は無く、身体を支える筋肉を鍛え上げているのに決してマッチョではありません。服で全て隠してしまえば普通のその辺の人と区別がつかないかもしれません。一体何故その様な事が可能なのでしょうか?

ヨガをきちんと行っている人というのは食事にとても気を遣っているのをご存知ですか?菜食だったり中にはヴィーガンと呼ばれる乳製品や卵も一切口にしない人もいます。それでも身体を鍛える為にはたんぱく質が必要となってきます。何から摂るのかというと大豆やキヌア、アスパラガスといった植物性たんぱく質がメインとなるのです。よく「肉を食べないと身体が出来ない」と聞きますが、ベテランヨギーを見ていると実はそうでもない事がわかります。そして彼らは時々断食も行います。実は断食をすると身体が柔らかくなるのです。ヨギーの食事と時々の断食、そして運動としてヨガが彼らの身体を作っていっているのです。

なので菜食主義者になりましょうとまでは言いませんが、たんぱく質を動物性だけに頼るのではなく植物性からも摂り、肉類を減らす事は大きな変化をもたらします。また、肉類も鶏肉を選び、もっと選ぶならばささみが良いでしょう。そして筋トレは重い物を耐えながら力を入れ続ける筋トレではなく、インナーマッスルから鍛えていくトレーニングが良いでしょう。要はマッチョで硬い筋肉の人と逆の食事と運動をすれば良いのです。一度ヨガやピラティスなどに通ってみるのも近道かもしれません。細めだけどしなやかで美しい筋肉に包まれたスタイリッシュな身体を手に入れられるかもしれませんよ。

いずれにしても、筋肉サプリを飲む事で理想的な肉体美は作る事ができるのでしょう。